一流コンサルタントの条件写真

計数感覚 岡村憲之 公式サイト

HOME  >  

コンサルタントのスキル  >  

計数感覚

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

コンサルタントのスキル−計数感覚

■ 計数感覚の重要性

コンサルタントのスキルの第3番目は「計数感覚」です。計数とは、 数を数えたり、計算して得られる数値という意味です。それに感覚 が付くと、数値から事象を読み取る力という意味になります。

ビジネスで計数感覚といった場合は、会社の実績など様々な数値 と実際の企業活動とを結び付けて、原因と結果を読み取る力とい う意味で使われます。計数に明るいとか、計数に強いという言い 方が、よくなされます。

観察力によって最初に立てられた仮説を裏付けするためにも、計 数感覚は必要です。つまり、観察力によって、直観として感じたこ とと、実際に会社の数値をみたときに、2つの事柄を結び付けて考 える能力ということになります。

■ 計数感覚を養う方法

計数感覚を養う方法は、まさに習うより慣れろです。会社の決算書 をはじめとして、各種の経済統計などに目を通して、数字とそれが 表す実感としての感覚を結び付ける訓練をします。

例えば、売上規模が100億円の小売業といった場合に、おおよそ の姿をイメージすることです。小型店で展開している企業ならば、 何店舗くらいあって、従業員は何人くらいだろうかなどです。

もちろん、業種・業態や、実際の企業によって、小型店を展開して いたり、大型店を展開していたり、それが混在していたり様々です。 しかし、標準的にはこうだというイメージが頭に思い浮かべられな ければ、実際の企業に対する判断基準が持てません。

決算書をみた場合でも、詳細な分析は別にして、大括りで財務内 容が良い企業か、悪い企業かを判断できなければなりません。 より細かい業務についても、同様の計数感覚を磨きます。


←コンサルタントのスキル−インタビューへ

コンサルタントのスキル−データ分析へ→


コンサルタントのスキル−計数感覚▲