一流コンサルタントの条件写真

全体構想力 岡村憲之 公式サイト

HOME  >  

コンサルタントスキル  >  

全体構想力

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

コンサルタントのスキル−全体構想力

■ 全体構想力の重要性

コンサルタントのスキルの第5番目は「全体構想力」です。全体構 想力とは、部分をつなぎ合わせて、全体像を再構築することです。 観察力、インタビュー、データ分析などにより、事実を細かく分けて 深く掘り下げていく作業を進めていくのですが、それが一段落した 所で、改めて全体を再構築するのです。

なぜ再構築する必要があるかといえば、「木を見て森を見ず」の例 えの通り、細部をきめ細かく分析していると、小さな事象が大きく 見えたり、特定条件の中で起こっている事象であるにもかかわら ず、常に全体で起きているかのごとく錯覚することがあるからで す。それゆえ、いったん細分化したものをつなぎ合わせる作業が 必要なのです。

■ 全体構想を構築する手法

細分化した事象から全体像を構築するためには、通常、3つの手 法があります。まず最初の手法は、共通のものを括っていくことで す。例えば、複数の人のインタビューから、類似した意見を集約す るなどです。

2つめの手法は、時系列に並べることです。バラバラに入手したデ ータを時系列に並べ直すことによって、1つ1つのデータからは分 からなかった、全体の推移が分かるようになります。

3つめの手法は、因果関係を明らかにすることです。特に、部門を 超えた業務の因果関係を俯瞰することは重要です。因果関係を突 き詰めると、ビジネスシステムの問題点が明らかになってきます。


←コンサルタントのスキル−データ分析へ

コンサルタントのスキル−KFS抽出力へ→


コンサルタントのスキル−全体構想力▲