一流コンサルタントの条件写真

プレゼンテーション 岡村憲之 公式サイト

HOME  >  

コンサルタントのスキル  >  

プレゼンテーション

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

コンサルタントのスキル−プレゼンテーション

■ プレゼンテーションの重要性

コンサルタントのスキルの第8番目は「プレゼンテーション」です。 農家が野菜を作り、工場が製品を作るように、コンサルタントは 情報を作ります。つまり、情報こそがコンサルタントの商品です。

したがって、コンサルタントは、情報の取り扱いのスキルを高めて、 情報に関するプロフェッショナルにならなければなりません。情報 収集、情報加工、情報発信など、情報に関するすべてです。

その中でも、情報をわかりやすく、価値づけて伝えるプレゼンテー ションのスキルは、とりわけ重要です。コンサルタントの仕事は、 プレゼンテーションに始まって、プレゼンテーションで終わるといっ ても過言ではないでしょう。

■ プレゼンテーションの成功ポイント

プレゼンテーションで最も重要なことは、相手の立場に立って考え ることです。プレゼンの企画書から、ストーリー作り、強調するポイ ントなど、すべてを相手の立場に立って考えます。

相手が聴きたいポイントを重点的に説明する、相手の立場で関心 を持ちそうなアイデアを伝える、相手のメリットを語るなど、主役は 常にプレゼンを受ける相手なのだという意識を持って臨み、情熱を 込めて語ることです。

導入で関心を引き付けるとか、起承転結でまとめるなど、細かいテ クニックは、いろいろありますので、1つ1つを知識で学び、自ら実 践してみることで、身に付けていくことが大切です。


←コンサルタントのスキル−PDCサイクルへ

コンサルタントのスキル−コーチングへ→


コンサルタントのスキル−プレゼンテーション▲