コンサルタントに役立つ「古典・歴史の本」

古典・歴史の本をご紹介します

一流コンサルタントになるために、必ず読んでおきたいビジネス書 の中から、古典・歴史に関する本をご紹介します。

■ 孫子(講談社学術文庫)

著者名:浅野裕一
出版社:講談社
発行日:1997/6

孫子 (講談社学術文庫) は、「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり」な どの名言で知られ、前漢武帝時代の竹簡文に基づく精密な唯 一の解説書です

■ 三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33) [文庫]

著者名:吉川英治
出版社:講談社
発行日:1989/4

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)は、中国の歴史小 説『三国志演義』を踏まえながらも、特に人物描写は日本人 向けアレンジされており読みやすいです。歴史小説ですが、 武将の人間関係や戦略的な駆け引きに、現代の企業戦略に も共通する点が多く、役立つ本です。全10巻あります。

© 2020 一流コンサルタントとは何か