コンサルタントのスキル「データ分析」

データ分析の能力を高めます

■ データ分析の重要性

コンサルタントのスキルの第4番目は「データ分析」です。ここでいうデータには、財務に関するデータだけではなく、工場ならば稼働率や不良率、小売業ならばPOSデータなどの数値をすべて含めて考えます。実際には、業種・業態により様々なデータがあります。

コンサルティングの規模やテーマにもよりますが、通常は、対象企業の課題抽出に必要なありとあらゆるデータを入手して、それらを分析していきます。必要に応じて、作業時間の計測などもします。 コンサルティングで、最も膨大な時間がかかる部分です。

■ データ分析の手法

データ分析の手法は、実に様々です。ごく単純なパレート分析か ら、複雑な関数を用いた統計分析に至るまで、データの種類や、 目的によって、分析手法を検討します。

ボストン・コンサルティンググループが1970年代に開発して、そ の後、一般的に広まったプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント (PPM)のように、各コンサルタント会社が独自に開発したデータ 分析手法が数多くあります。

PPMのように公表して、広く使われているものもありますが、企業内だけで使われている手法もあります。どのようなデータに対して どのような分析をするかは、コンサルタント会社の重要なノウハウ です。

© 2020 一流コンサルタントとは何か