コンサルタントのスキル「PDCサイクル」

PDCサイクルを回すのは基本中の基本です

■ PDCサイクルの重要性

コンサルタントのスキルの第7番目は「PDCサイクル」です。PDC サイクルに関しては、ご説明しなくても、大半の方がご存じだと思いますが、Plan-Do-Checkの略です。今更と思われるかもしれませんが、基本中の基本はそれだけ重要だということです。

計画を立てて、実行して、評価する、このサイクルを繰り返せということです。最近では、PDCサイクルではなく、仮説-実行-検証 という言い方のほうがよく使われるようですが、ほぼ同じ意味だと 考えてよいでしょう。

また、PDCにAを追加して、PDCAサイクルという場合もあります。 このAはActionの略です。評価した後に、その評価内容を踏まえ て、さらに行動を起こすという意味です。

PDCサイクルは、ビジネス活動の基本中の基本ですから、コンサ ルティングにおいても、当然、このサイクルを回すことにより、業務を進めていくのです。

■ PDCサイクルにおけるコンサルタントの役割

コンサルタントの役割は、PDCサイクルのPすなわち計画に重点 を置くのが一般的です。つまり、環境分析をして、戦略策定と計画立案をして、プレゼンテーションするまでをコンサルティングの業務領域と捉える考え方です。

しかし、PDCのDから先をクライアントまかせにすると、計画通りに実行できずに終わってしまうことがあります。したがって、コンサルタントは、実行から検証までを含めて業務領域と設定するか、事前にクライアントが着実に実行できるように、きめ細かいアクションプ ランを設計するか、いずれかの対策を取ることが大切です。

Copyright© 一流コンサルタントとは何か , 2020 All Rights Reserved.